銀行借入

カードローンの種類

カードローンは一定枠内であれば何度でも借入ができる当座賃越の一つです。

 

総合口座のキャッシュカードと一体になったカードやローン専用カードを使い、ATMで入出金をするように借入・返済ができることから、カードローンと呼ばれています。

 

抵当権などの担保をとる「有担保型」と、担保をとらない「無担保型」があり、無担保型の場合、銀行は担保の代わりに保証会社に保証をしてもらいます。

 

返済ができなくなった時は、担保を売却して元利金を回収するか、保証会社に代わりに返済してもらいます。

 

返済方法は毎月一定額を返済する設定と、好きな金額を随時返済する設定があります

申込から審査までの流れ

カードローンを申し込むには、以前は顧客が窓口やATMコーナーなどでカードローンのこう仕込み用紙を手に入れ、必要事項を記入したあと、それを支店窓口に持っていくしかありませんでした。

 

しかし、現在は申込手段が増え、FAX、インターネット、スマホをはじめ、ATMの画面操作でその場で申込もできるようになりました。

 

申込をされると銀行のローン担当部署で記入漏れや添付資料塁の有無などのチェックが行われ、申込者が過去にローンの返済ができなくなったことがチェック(信用情報照会)したあと、保証会社の審査にかかります。

 

無担保での審査は保証会社が行うことになります。

 

保証の対価として銀行から保証料を払ってもらいます。

 

保証会社とは銀行系のグループ会社や信販会社、消費者金融会社です。

 

審査は、申込者の情報を入力すると、一定の計算をして貸出可否を判断する「自動審査システム」によって行われます。

 

入力情報は、申込書に記載される年齢、性別、勤め先、勤続年数、年収、家族構成といった項目です。

 

自動審査システムには過去の貸出の事例からつくられた貸倒れが起こりそうな人を判別するモデルが組み込まれています。

 

自動審査スピード非常に速く、顧客が早ければ申込から30分程度で結果がわかり、当日に借入ができます。

 

【おすすめサイト】
サラ金<<低金利で安心今日から借りれる銀行系カードローン>> http://www.techcapindia.com/