銀行借入

法人融資のプロセス

銀行の仕事の中でもっとも重視されるのが法人融資です。

 

融資から得られる利子は、銀行の最大の収益源となっています。

 

銀行は個人顧客から集めたお金を一定期間企業に貸し出し、期間中は利子を払ってもらい、期限に元金を返済してもらいます。

 

これが法人融資の基本的なモデルです。

 

ここでは、法人融資がどのようなプロセスで行われるのかをみてみましょう。

 

 

取引のきっかけ

通常の法人融資取引のきっかけは渉外系の訪問です。

 

預金口座をもっている既存の法人を訪問したり、受け持ちエリアのまだ取引のない事業所を訪問したりして有志のニーズを聞き出します。

 

返済が滞らないような企業を見つけるために、帝国データバンクなどの情報提供会社が出している法人のランク付け点数が言って以上の企業をピックアップして訪問することもあります。

 

 

融資案件発見

 

何度も訪問して経営者や財務・経理担当者と親しくなり、会話の中から融資案件を発見するのが渉外系の重要な仕事になります。

 

近々工場を建増し(設備投資資金ニーズが発生)しようとしているとか、新規の販売先ができたが、手形支払(商業手形割引のニーズが発生)であるとか、融資につながるような情報を聞き出し、融資案件としてまとめていくのです。

 

 

案件の組み立て

 

融資案件は、顧客企業の状況に合わせて融資の金額・期間・利率・返済スケジュール・担保や保証人条件を決めていきます。

 

そのためには、その企業の売り上げ金額や売掛金、売掛金の状況、現在の借入先と借り入れ残高など、さまざまな情報を聞き取ります。

 

それと同時に、賃借対照表や損益計算書などの財務諸表をもらって財務面の分析をします。

 

このように案件の組み立てをしている中で、根回しを同時に行います。

 

つまり、支店内で渉外課の上司や融資課に打診をし、支店長の意見を事前に聞いておくのです。

 

渉外係はその企業に思い入れもできてくるし、自分が努力してとってきた案件なので、融資を是非実行したいと思います。

 

一方、融資係は確実に返済可能かどうかを冷静に審査する役割になります。

 

 

稟議書作成

 

条件が決まったら融資稟議書を作成します。

 

渉外係が自ら稟議書を書くこともありますし、渉外係のもってきた案件を融資係が稟議書に書き起こす場合もあります。

 

稟議は支店長の決済でOKというものと、支店長からの本部の審査部にあげてOKをもらうものがあります。

 

前者は支店長の権限内で決めることができるという意味で「(支店長)先決稟議」と呼ばれ、後者は「本部稟議」とぼ呼ばれます。

 

先決稟議の範囲は支店の規模で異なり、融資金額や金利・担保などの条件が定められています。

 

金額が大きいものや、担保が不足している場合、支店の権限委譲に金利を優遇する場合などに、本部稟議になります。

 

 

融資実行

 

稟議が決裁されると、融資を実行します。

 

実行といっても商業手形割引や当座賃越の場合は、貸出と返済が何度も繰り返されることになります。

 

実行後も渉外係は企業を定期的に訪問して業績をフォローし、確実に利払いがされているか、元金が返済されているかをチェックするとともに、次の融資案件を探します。